マンション経営の管理会社を選ぶ

マンション経営をする場合、副業としてマンション経営をされる方と、マンション経営を本業とされている方のふた通りに分かれると思います。

そのうち、マンション経営を副業として考えている方はご自分が大家になってマンション経営を運営していくよりも管理会社にマンションの運営を任せたほうがいいでしょう。


というのは、マンションの運営は結構大変なのです。



家賃の管理やマンション自体の管理などすべきことは山ほどあるからです。その点、管理会社に任せた場合は、それらの事柄をすべて代行してくれるので大変助かります。

その管理会社ですが、委託するにしても慎重に選んだほうが良いでしょう。というのは、管理会社によってそれぞれ得意分野が違うからです。

例えば、不動産仲介業者と言われる管理会社の場合ですと、入居者の募集をしてくれます。



そして入居者が見つかったった場合、各種書類手続きも代行してくれますし、入居が決まったあともクレーム処理や、家賃の管理、そして建物の管理を代行してくれます。


もっともよく知られていて、もっとも一般的な方法と言えます。また、あまり聞いたことのない言葉だと思うのですが、デベロッパーと呼ばれる管理会社は、ハウスメーカーとしての特色が強く打ち出されています。
また、コンサルタントになってくると、賃貸に関して幅広く対応してくれるだけではなく、大家さんであるご本人に、さまざまな角度から適切なアドバイスをしてもらえます。