昨今の医療の促進と超高齢化社会に突入に伴い、要介護者の平均余命が伸びています。

すなわち、今後要介護者の増加が見込まれています。
少子高齢化に伴い、要介護者の増加は拍車の一途を辿っています。要介護者の増加により、特養の老人ホームの施設入所はかなりの競争率となっています。


地域の実情に左右しますが、入所待機者は300人から400人となっています。


在宅介護を続けるのが困難になり、特養への入所の順番が来ない中で、近年増加している有料老人ホームに入所する要介護者の少なくありません。特養と有料老人ホームの違いは、一言で料金と終の棲み家として捉えることができるかどうかにあります。


介護施設情報をお届けします。

まず料金について解説します。

介護付有料老人ホームを知りたいならご活用ください。

料金は、特養は社会福法人が大半でありますので、その要介護者の年収に左右されますが、個室のユニット型の施設で一般的に5万から10万円となります。
一方で有料老人ホームは、特養の2倍から3倍とされています。

神奈川の介護施設の情報はここで調べよう。

そして年収に左右されることと介護付き有料老人ホームかどうかで料金体系も変わってきます。

今話題の言語聴覚士の学校のオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

そして契約時に入居一時金を支払う仕組みとなっており、特養に比べて高い料金設定となっています。その他オムツ代も実費で、最低16万から17万円の料金が必要になると言えます。

神奈川の介護施設の最新情報を見つけよう。

次に終の棲み家としては、特養は一旦入所すると基本的にその施設で最期まで迎えることができます。

その施設で対応できない医療行為や家族の希望によって退所することは可能ですが、大半の要介護者は施設で最期を迎えます。

一方、有料老人ホームはその施設で看取りを行うか、すなわち施設として最期まで看取る体制にあるのかどうかで左右され、その老人ホームの契約によって違いがあるのが実情です。

http://www.izumikinen.or.jp/kanren/rouken/
http://ritsurinsou.or.jp/
http://ghkyo.or.jp/ghkyo/2014.09.16/9.pdf