映像制作にかかる費用について

category01

映像制作の依頼では、制作会社や求める内容によっても費用は異なることになります。



例えば、企画や台本を依頼者側が用意するかしないかで大きく異なり、完成映像の時間、撮影日数によっても費用は違ってきます。
1例を上げれば、撮影日数1日でナレーション無し、必要最小限の構成で映像制作をした場合の費用は合計金額1、197、000円となっています。

現時点で最高の@niftyニュースに対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

ここでの内訳は企画・撮影に関する製作費では企画・台本制作料金が400、000円、撮影時ディレクション料金50、000円、撮影料金180、000円となります。


また、映像編集に関する製作費としては映像編集料金400、000円となり音楽使用料金が50、000円となっています。

他にも制作進行管理費として100、000円、マスターDVD作成料金として17、000円が計上されており、制作条件としては業者が企画段階から行う内容となります。


同じ条件でナレーション付きで映像制作を依頼した場合には合計金額1、552、000円となります。

ここでは、企画・台本制作料金は350、000円と安くなるものの、他の項目として映像編集料金450、000円と高くなり、何よりも、ナレーション原稿作成費150、000円、ナレーター料金100、000円、ナレーションスタジオ代75、000円が大きく影響をしています。
映像制作の費用は制作会社によっては非常に安い価格を掲げている所もあり、依頼をする場合には相場の確認と共に事前に情報入手を行った上で判断をすることが重要になります。



基本知識

category02

映像制作を頼むさいには、実績からどのような映像を制作可能か見てみることから始めます。どの映像制作会社も今までに制作してきた映像を公開していることが多いので、ホームページで見てみましょう。...

subpage

学ぼうビジネスの事

category02

近年、社会が変化した事に伴い映像制作の技術を有している方のニーズが高まっています。その理由は、誰もがスマートフォンを有しており、インターネットを通じて映像を目にすることが可能な環境が整備されているためです。...

subpage

わかりやすい情報

category03

文章や言葉、写真といった表現方法には、もちろんそれらにしかない特徴や魅力があるのですが、それらの方法だけで伝えられる情報の量には限度があるのも確かです。なので商品やサービスなど何かを正しく、また詳細に理解してもらいたい場合や、より大きな宣伝効果を上げたいと考える場合に、映像というより多くの情報を伝えられる表現方法を選択する人や企業は多いのです。...

subpage

知識を増やす

category04

映像制作会社を選ぶときにはやはり実績がなによりもものをいいます。映像制作においては、最終的に映像を見るまでどんなものが出来てくるのか分からないというのが、最も難してところなのですから、安心して映像制作に任せるためには、実績が最も信用できる基準となります。...

subpage